やまぶき通信

四季のうつろいは、身近なところから知らないうちに始まっています。このごろ気づくことがあります。 やまぶき通信は、身近な気づいたことを静かに伝えていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

ジョンレノンのプレート

ジョンレノンのプレート

 ニューヨークのセントラルパークの一隅にジョンレノンのプレートがある。
いつも花束が添えてある。ここを訪れるのは、やはり若者が多い。
すぐ公園の近くのマンションに住んでいた彼は、朝建物の外に出た
ところを襲われ亡くなった。

 広大なこのセントラルパークには、メトロポリタン美術館もあり
5つもの美術館がその周りにある。
 びっくりしたのは、この公園は、岩・石が自然のままそこにあり起伏
もあった。
そして眠るジョンレノンのまわりを走り回っていたのは愛らしいリス達だった。
このページのトップへ

タングルウッドの落ち葉

タングルウッドの落ち葉

 カナダからアメリカに紅葉を追いかけてきた。
ボストン郊外のストックブリッジの街にはいった。
さらにその郊外にタングルウッドはあった。

 ボストン交響楽団のホームグラウンドであるタングルウッドは、
芝生が広がり、木々が生い茂る森閑としたたたずまいの中にあった。
正門をはいり落ち葉を踏みしめ屋外ステージを越え
ずいぶんと歩いた頃に「ホール オブ セイジ・オザワ」があった。

 命名は、ソニーの大賀さんだった。

このページのトップへ

ローレンシャンの紅葉

ローレンシャンの紅葉

カナダの有名な紅葉を見に旅にでた。
シカゴで飛行機を乗り換え、モントリオールに降りた。
夜遅くバスで2時間ほど、日本で言えば
軽井沢といったところのローレンシャンに着いた。

夜は解らなかったが、早朝に散策すると
すっかり紅葉していた。
昨夜、ホテルの玄関に鹿が4頭来て
花札の絵柄を思い出した。

ロープウエイで冬は、スキー場となる山の頂に昇った。
トレンブラン湖と湖畔の村、ローレンシャンの紅葉が
眼下に見事に広がっていた。

このページのトップへ

午後のデッキ

午後のデッキ


 キャプテンズクラブで大島クルーズに行った。
まだ、暑い8月の末、朝、葉山マリーナを出航し、
雨が降っているという連絡が入った波浮の港へ向かった。
クルーザーのキャプテンが、メンバーに操船を任せてくれた。
クラブメンバーは、全員がライセンスを持っている。
 ビール、ワインを飲みながら歓談し、
海を見ているうちに大島に着いた。

 帰りのクルーザーの中で、
外国の友人夫妻がデッキにもたれて海を見つめていた。

 午後四時の  デッキの手すり  秋の色





このページのトップへ

柳川

柳川


 掘割の町、柳川は、暑さの中名物の
舟下りがゆっくりと水面を進んでいた。

レンタサイクルで岸辺の道を先回りしながら
しばらく舟下りを見物して走った。

北原白秋の生家はその舟下りの一番奥にあった。

詩人の夢を追い続け、故郷を離れ
功成り名遂げて、帰郷の歓迎の中を行く
白秋の心に去来するものを思うとき
安堵とともに寂寥とした思いがこみ上げて
くるのは何故だろう。

   柳川に 一人旅する 白い秋



このページのトップへ

Search

Information

怪傑紅はこべ

Calendar

04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。