やまぶき通信

四季のうつろいは、身近なところから知らないうちに始まっています。このごろ気づくことがあります。 やまぶき通信は、身近な気づいたことを静かに伝えていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

小笠原の母島へ

小笠原の母島へ


一度は行って見たい小笠原へC.C.仲間と行った
5月末ごろは、小笠原の一番良い季節だ
東京竹芝岸壁から25時間半の船旅だ

翌日着いた父島からさらに2時間半かけて、目的の母島に着いた
なんとも素朴な、昭和のよき時代のままの家並みの島だ

のんびりと港付近の朝晩の散策で出会う人毎に挨拶し、
お天気だけが関心事の毎日だ

初めての蓬莱根の体験ダイビング(10mを経験者等と海中遊泳)
沖に停泊した船からシュノーケルと足ヒレで渡った平島、
剣先山の朝食前の下駄履き登山、小さな鍾乳洞探検、
アオウミガメの産卵観察、どれもがずーっと昔に夢中になって
過ごしたセピア色の記憶と一緒だ



スポンサーサイト
このページのトップへ

Search

Information

怪傑紅はこべ

Calendar

05月 « 2008年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。