やまぶき通信

四季のうつろいは、身近なところから知らないうちに始まっています。このごろ気づくことがあります。 やまぶき通信は、身近な気づいたことを静かに伝えていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

新宿末廣亭

新宿末廣亭

久しぶりに寄席に行った。

新宿末廣亭は、両側に桟敷席がある。
下足を前の箱の中にいれ、座布団に座る。
昔NETテレビの馬場アナウンサーが「駄洒落」
を飛ばしていた桟敷だ。

面白かったのは、宮田章司の「売り声」だ、
 「なっとなっとなっとーーーー、なっと」
 「きんぎょぇーーーー、きんぎょ」

玉川スミの俗曲は、柳家三亀松の都都逸を
2つ、3つであとは身の上語りだけ、86歳の
貫禄だった。

林家今丸の「紙きり」は、「切った絵」をもらえる
ので大人気だ。

いまは、トリが「三遊亭円遊」といっても初めて
見る顔だ。
私の好きだった噺家は、もう昔になってしまった。
スポンサーサイト
このページのトップへ

Search

Information

怪傑紅はこべ

Calendar

05月 « 2006年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。